== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 不思議なお話 ==

☆ 呼ぶ声 ☆

この家問題とはあまり関係がないが、
私は結構何回か死に目に会っている。

それは小学生高学年の頃、夏休みの最中だった私は
部活動の為、夕方まで練習をしていた。

その後友達に付き合い、寄り道をして買える途中、「ちょっとした声」に
呼びとめられた。

?:「ねぇ、どこ行くの?この先の道を真っ直ぐ向かうの?」

キ:「へっ、誰?。」

回りを見ても誰もいない。もちろん友達は側にいるが、彼女の声ではない。

自転車で私の前を友達が走っていく。

訳の分からない声が呼びとめたが、
気にせず私は交差点を自転車で横断しようとした。

また声がした。

?:「いくのねぇ。そう・・、今なら大丈夫よ・・わたりなさい。いけるから・・。」

この声が聞こえた途端、私の意識はまるでスローモーションの中に
いるようだった。

キ:「うん。分かった。渡る・・・。」

と誘われるように私は交差点に入っていた。

そしてその後、私の左方向から来た自動車に、突然跳ね飛ばされて
しまったのである。

そこから私の意識は途切れている。

その後あたりは騒然となり、大騒ぎになった。

見物人や私の知り合いが集まり、交通規制をしなければならない状態。

私はと言えば、苦しいけれど意識は、意外とはっきりしていた。

そんな中、野次馬の中の誰かがしゃべった。

「あーーっ、またここだー。やだねぇ。あの子大丈夫かなぁ。
 ここで事故にあったら大体は助からねーからなぁ。」

その声を聞いて私は愕然とした・・・。

キ:「どうゆう事なの?私助からないの?!」

不安に襲われていた私の耳に、遠くの救急車のサイレンだけが聞こえていた。

つづく・・・。

スポンサーサイト

┃ テーマ:スピリチュアル ━ ジャンル:心と身体

┗ Comment:0 ━ 12:00:44 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。