== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 不思議なお話 ==

☆ 亡き人の存在 ☆


ある日、子供の教育問題で 
主人と言い争いになった時があった。
些細な事だったが、イヤーな雰囲気が・・。

とその時、私達が話し合いをしているリビングの
ドアの外になんとなく・・気配がした。
そう、私が感じるのと同時に主人が口を開いた。

主人:「あっ、じいさんがいるぞ。」

キ:「えっ、うそ!何しにきたの?」

話遅れたが、私の実父である。
5年前に病気で他界している。

主人:「何か・・仁王立ちして・・ドアの所でこっちを見てる。あーーっ、
    じいさん、怒ってるぞ。」

キ:「ぎぇっ、喧嘩のせいかな?もしかして呼んじゃった?それで何か
   言ってる?」

主人:「なーーにも。ただ・・無言だよ。孫の事が心配らしい。」

私には、見えないがそこに何かがいる事は、ただならぬ空気で感じていた。

キ:「そっか、そー言えば、すごくかわいがってくれたから・・
   私達によく考えろって事かな?じいさん心配させてごめんね。」

主人:「前に住んでた所にも、結構来てたからな。子供達に何か
    起きたりすると、飛んでくるなー。
    ありがたいと言うか・・よっぽど思っててくれてたんだよな。」

じいさんの出現で、喧嘩の雰囲気もすっかりなくなり、
2人とも冷静になっていた。

他界してからも、いろいろと現象を起こしてくれた、じいさんだが
これほどはっきり 意思表示してきたのは、主人にとっても
初めてだったそうだ。

本当に不思議である。何故瞬時に飛んで来れるのか?
例え、体が無くなっても 魂はちゃんと存在する・・と言う事を
思い知らされた。
スポンサーサイト

┃ テーマ:スピリチュアル ━ ジャンル:心と身体

┗ Comment:0 ━ 19:20:32 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。