== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 日々の出来事 ==

☆ 日の光の大切さ ☆


この家を見にくる時は、何故か雨や雪 はたまた曇り。

一度だって晴れた日に訪れた事は無い。


東向きに作られたこの家は、道路には面してはいるものの、

日光のあたらない家なのである。

隣の家に遮られて、西日さえもあたらない。

つまり1日の内、朝のひとときだけ・・かろうじて日がさし込む程度である。

晴れた日に訪れなっかた事を、悔んだ。



「お日様って、大事よねぇ。なんたって元気になれるじゃん。

それが望めない!・・ずーーと住むのにそんなのあり得ない。」

「レイキをやってようが、なんだろうが、

お日様から受ける恩恵は 計り知れない。

たとえ、何かの縁でここに導かれても、今の状況では・・

住めない。」と思った。

悲しむ子供達の顔が浮かんだが、何故か振り払う自分がいた。



思えば何かの妨害が入り、購入の契約が出来なかったのも

これまた何かの導きと考えた。

(キアラ☆chiaraは結構変わり身が早く、前向きである?)

「要するに、お日様とお月さんが引っ張りっこしていたのだ。」
 あやあややーー。(;-_-;)

なんとまあ、ややっこしい。


「お月さん側には、今回は丁重にお断りしよう。
きっと、あきらめて下さる。」

「家族と話し合いを持って、この家をあきらめる理由と
 これからの事について相談しなくちゃ!」



と思っていた矢先、不動産屋から連絡が入り あの家が、他の人との

間で仮契約に入ったと伝えてきた。


不思議なものである。切ない気持ちはあったが、後悔は無かった。

懲りずにまたもや 良い家探しが始まった。
スポンサーサイト

┃ テーマ:スピリチュアル ━ ジャンル:心と身体

┗ Comment:0 ━ 14:51:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。