== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 過去世 ==

最終章 ハートの記憶

愛する人を突然失う苦しみと言うものは、

こんなにも辛い事なのか・・・。

自分が過去にそのような体験をしていたとは、

少しも気づかなかった。

それから少し先も、この辛い思いを引きずる事になってしまう。

そんな時、50歳も過ぎた頃だろうか。。。

人として心を許す事のできる男性が、私のもとに現れた。

1人で年老いてゆくことへの不安や、

心の痛手を、その人は優しく包んでくれた。

暫く静かな時を過ごしていたのだが、

やがてその男性が、病の床に就いてしまう。

「また私は1人、取り残されてしまう。。。」

そんな想いが、再び私を襲う。

催眠によりこの情景を見ていた時、私は思っていた。

「この心の空虚感を手放さなければ」と。

そもそも・・・

私がこのヒプノを受けた理由のひとつは、

最近自分の中に浮上してきた男性性と女性性との関係。

ライトワーカーとして歩んで来た私には、

「受け取る」という気持ちが不足気味で、

それには特に、自分の中の女性性に目を向ける必要があった。

その結果、漠然と「愛された記憶」を思い出したいと思いついた。

ある意味この時期に来て、

受け取る事と与える事のバランスを取ろうとしたのだと思う。

結局のところ、このヒプノでの私は、最後まで独身を貫き、その生を終えた。

でも、気が付けば、愛し合った時間が短かったこと事体は、問題ではなかった。

大切なのは、どれだけ深く愛し合ったか・・・

その時の女性としての幸せな想い、愛された記憶。

今回のヒプノで浮上したネガティブな孤独感を

セラピストさんのサポートで、その想いを解放した。

解放後、セラピストさんに、

「自分を守護している存在と会ってみたいですか?」と提案を受けた。

もちろんまだ催眠中である。

即座に「はい。」と答えていた。

守護している存在と会えると言う事は、自分の使命も知る事が出来るらしい。

アカシック同様、ここでもまた聖母マリアが現れた。

この事で、自分の使命を再確認する事ができたり

また過去のネガティブな想いも

手放す事ができたヒプノの経験だった。

それはとても有意義なものとして、これからの私の活動に一役かってくれると思う。

自分という人間の幅が広がったような感覚でもある。

今は静かに暖かい。。。ハートの奥の深い部分が。


スポンサーサイト

┃ テーマ:スピリチュアル ━ ジャンル:心と身体

┗ 17:37:13 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。