== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 過去世 ==

ヒプノ体験・・・彷徨う心

自分を冷静に保とうとしても、溢れる涙は止まらなかった。。。

彼の事故現場が鮮明に記憶に残っていて、消えない事が苦しかった。

でも・・・

立ち止まらずに、次に進もう。


次に現れた場面は、その痛ましい事故から暫く経った時の様子だった。

小高い丘で、子供達に勉強を教えているようだ。

私は、亡くなった夫と一緒に生活した前後は、

学生時代に学んだ美術関係の仕事をしていた。

「それが、どうして、先生に?」と、疑問が湧いた。

するとその時、その時代の私がその問いに答えた。

「私は、最愛の彼の子供を産む事が出来なかった。。。

だから、せめて多くの子供達と一緒に過ごせたら。」と、そう思ったのである。

多くの子供達を、自分の子供として。


何年時が過ぎようと、

この時の私には、愛する人の存在ががある訳ではなかった。

胸にぽっかりと空いた穴が、他の誰かで埋まる訳もなく、彼を思い続けている。


それゆえ、

男性の友達はいても、心から愛し合える人はいなかった。

「これほど愛した人は、今世ではいったい誰なのだろう?」

「もう、既に出会っているのか、そうでないのか?」

これに関しては、セラピストさんの誘導もあったが、

ぼんやりとしか・・・分からなかった。

ああっ、この人なのかって。。。

ちょっと微妙だから、もしかすると勘違いしているかもしれないが。



そんな時を過ごしていた私にも、

何年か後、信頼のできる人が現れる。

そして、またその人も・・・。
スポンサーサイト

┃ テーマ:スピリチュアル ━ ジャンル:心と身体

┗ 18:49:28 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。