== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 過去世 ==

ヒプノ体験・・・序章

SF.jpg



セラピストさんの誘導で始まった私の過去世への旅。

どの時代に飛んでゆくのだろう。。。

不安より、ワクワク感の方が強かった。

何せ好奇心は人一倍旺盛ですから。(笑)


誘導して頂いてから暫くすると、

青い空に芝生の緑。 爽やかな景色が見えた。

まずは自分自身の姿を確認する。

どうやら年齢は15才~18才位らしい。

金髪の巻き毛のショート、服装はカジュアルな感じ。

めがねをかけている。

この姿が、あのアカシックで見た時と全く同じ女の子。

アカシックの時は、その姿でメモを取りながら

急な坂の上で、来るはずの乗り物を待っている所だった。


56597c48.jpg



「えっ?何で同じ姿を見ているのだろう・・・。」

その時は意味が分からなかった。


そして・・・・。


セラピストさんから場所を尋ねられる。

心の中でもう1人の私が答える。

「アメリカ」

そう感じてセラピストさんに答える。

何故かアメリカのどの地域かも分かった。

「サンフランシスコ。」だ!

もちろん私は今世では、サンフランシスコなど行った事もない。

まして、どんな所なのかも全然知識もない。

後で調べたところ、この特徴ある急な坂道に走る同じ乗り物が、

実際現在でも、サンフランシスコの町を走っている。

ヒプノが終わったその後で、あまりの様子の一致に愕然とした。

自分が見ていたアカシックの情報が、

空想のものではないと確信したから。


その後。。。


年代をセラピストさんに聞かれたが、1838年なのか

1938年なのか、はっきりと分からなかった。

私には、年代の事よりも、その時に自分が感じていた

ワクワクする心持ちが、嬉しくてならなかった。

「だって、お得でしょう!」 ^^

今のこの私が、15才や18才の女の子になれるのですから。(笑)


それはさて置き。


ヒプノとは、不思議な感覚である。

自分が客観的に自分を観察しているのだ。


その後は、この時代の家族構成やその関わりが

セラピストさんのサポートで、丁寧に開かれた。

アメリカの普通の家庭の普通の風景。

ある意味、安心できていた。

「良かった~。全然普通だし。」


そう・・・まだ確信には迫っていなかったから。

この少女の私が大人になり、亡くなってゆくまでの物語が

2時間30分あまりもかけて、今後展開されるのである。

甘さと、切なさを体験しながら。。。


スポンサーサイト

┃ テーマ:スピリチュアル ━ ジャンル:心と身体

┗ 20:02:18 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。