== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 不思議なお話 ==

黄泉からの伝言

叔母が他界したのは、50年近くも前の事である。

年若かった叔母は、さらわれるように年上の男性の元へ、

後妻として、嫁いで行った。

お察しの通り、いろいろと事情があったらしい。

反対され家を出て嫁いだ為、

叔母としては、

育った親元には、どんな事があろうと

「2度と帰れぬ」と思っていたのかもしれない。


そして。。。

嫁ぎ先での叔母は、ご主人やそのお姑さん、

先の奥さんの3人の子供達の面倒、

それに自分の子供の世話も加わって

さぞ大変な毎日を送ったのだろう。

まもなく、若くして病に倒れた。

それは、肺結核だった。

今は薬で治る病気だが、昔は移る病と嫌われ

隔離された病である。

それゆえ、いとおしかったであろう自分の子供の顔を

見ることすら出来ずに、1人淋しくこの世を去ったそうである。

私は、叔母の事を思うと病の床から見上げていた

窓の外の青い空の情景が見えてしまう。

空は透けるように青いのに、

叔母の心は寂しさで一杯なのだ。

それでも、決して自分の選んだ生き方に

後悔の念は持ってはいない。

とても凛とした、叔母だった。

叔母の死後、嫁ぎ先の慣わしで、その遺骨は育った家へは

戻る事はなかった。

そのお墓を探す事になったのである。

手がかりは、定かでないお寺の名前と、

その寺が、私の住んでいる隣の市かもしれない・・・。

それだけだった。

そんなお盆を迎えようとしていた夏、

叔母はあるきっかけを通して、

自分の眠っている場所を伝えてくる事となる。




スポンサーサイト

┃ テーマ:スピリチュアル ━ ジャンル:心と身体

┗ 20:05:11 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。