== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 不思議なお話 ==

亡き魂の記憶

私には、若い頃に亡くなった叔母がいる。

私が生まれる前に叔母が亡くなっていた為、

実際に叔母には、会った事はない。。。

だが昨日、そんな叔母の魂に触れる出来事があった。


それは・・・2年以上前の出来事に遡る。


親戚の子供を持たない伯父が亡くなり、

その結果、遺産相続で、私と私の従兄弟全員が

相続の意思を問われる事柄が起きた。

そんな中、1人だけ行方不明で居所の知れない従兄弟がいた。

それが、亡き叔母の独り息子である。

ここでは、仮にAとさせて頂こう。

はっきとした遺言がなかったこの事例に、

相談をしていた弁護士先生も

従兄弟全員が揃い意思確認を行い、

法にのっとった手続きをしない限り、

遺産についての処分が容易には出来ないと言う。

私を含めた従兄弟達は、本格的に行方不明の従兄弟の

行方を探さなければならなくなった。

そして・・・

時は過ぎ、困難な行方探しだったが、

何とか従兄弟Aの行方が判明。

オーストラリアで生活をしていることを付き止めた。

その結果、従兄弟全員の意思確認も出来て、

すんなりと遺産の処分も事無きを得た。

ここで、不思議な話がある。

従兄弟A行方を探すには、亡き叔母の過去を辿って

捜さなければならなかった。

年月を経た分、この叔母の墓探しも困難を極めた。

何せ20年以上親戚が探し求めても、

探し出す事が出来なかった場所なのである。

驚いた事に何の因果か・・・

叔母の墓は私の住んでいる所からそれ程離れていない

所に存在していたのである。

この続きは次回に。




スポンサーサイト
┗ 19:03:23 ━ Page top ━…‥・
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。